twiiterもチェック!! プレゼント企画開催中!

芸術としての写真とスマホの写真-趣味としての一眼レフカメラ-

カメラ

スキャナカメラをフルスクラッチしたいのですが時間も金も足りてません。どらびです。

さて、早速ですが今回はカメラ初心者の私が何故本格的なカメラに手を出そうと思ったのかについて書いていきます。カメラに別段興味のない方は

スマホカメラで良くね?

と思っているでしょうし、私も割とそう思う側面は多いのですが、それでも本格的なカメラにはスマホカメラにない良さがあると思ってます。

そんな訳で今回はスマホカメラと本格的なカメラの違いについて触れていきます。

広告

スマホカメラと本格的カメラの違い

今ではスマホのカメラでも数千万画素,場合によっては1億を超えることもあるかと思います.

スマホのカメラで十分じゃね?

と思われる方,非常に多いと思います.

画素数だけが大事じゃないという話については,ご興味がある方はこちらも参考にしてほしいのですが,

4Kという甘言に騙されるな!カメラの解像度と画質の関係
どらびです. 今回は アクションカメラ デジカメ 空撮用ドローン 等でよく聞く4Kについてのお話になります. 基礎的なところからサックリと話を進めます. 4Kとは? 一言でいうと画素数のこ...

スマホカメラに代表される,小型カメラの性能が以前とは比較にならないほど上がっていることは事実として受け止めなければなりません.

それを踏まえた上で,それでも魅力を見出せるのであればカメラは一生の趣味足り得ると思いますし,そうでなければカメラは買わずにハイエンドスマホを買った方が恐らくは幸せになれます.

というわけで具体的には何が違うのかを見ていきましょう.

センサーサイズの違い

本格的なカメラとスマホカメラにおける大きな差はセンサーのサイズになります.

勿論?本格的なカメラの方が大きいです.

でも画素数はスマホカメラの方が高いじゃん.その方が高性能じゃね?

実は画素数だけで写真のきれいさは決まらないんだよ!

ってなわけで,画素数のことをもう少し詳しく知りたい方は先ほども挙げましたがこちらの記事をお読みください.

4Kという甘言に騙されるな!カメラの解像度と画質の関係
どらびです. 今回は アクションカメラ デジカメ 空撮用ドローン 等でよく聞く4Kについてのお話になります. 基礎的なところからサックリと話を進めます. 4Kとは? 一言でいうと画素数のこ...

簡単にまとめますと,同じ画素数でもセンサーサイズが大きい方がノイズが少なく,色の表現も深くなります.

レンズの違い

スマホカメラは基本的にレンズを変えることはできません。サードパーティ製品として、マクロレンズとか売ってますが、あれは既にレンズが付いた状態から更にレンズを被せているわけですから、どうあがいても内蔵レンズの特性の影響は受ける訳ですね。

一方の本格的カメラでは、多種多様なレンズを交換して付けることができ、これによってボケ感やらの特性を追加できるわけです。

スマホカメラのレンズに代わる武器:画像処理技術について

ただ、最近のスマホカメラはレンズに代わる武器を手に入れてしまいました。それが多眼カメラと画像処理です。

人間の目が左右の目に入る情報の違いから遠近を理解するのと同じように、多数のカメラで撮影した画像を組み合わせてボケなどを演出する方法です。

これによってスマホでもポートレートなどが撮れるようになってしまいました。

正直コレが本格的カメラにとって1番の打撃なのだと思っています。

アートとしてのカメラ

結局のところ,現代における(本格的な)カメラは単なる撮影機器としての役割よりも,アートとしての側面が強いように思います.

もちろん,youtuberになりたくて,画質の良い動画を撮りたいというようなニーズでカメラを買う人とかもいますが,そういう用途を除けば結局は

「綺麗な画を残すためのツール」

としてカメラを買うのであって、必ずしも思い出としてありのままの画像を残すという役割は最早担っていないのでは無いかと思います。

そういう役割であればスマホでも十分に事足りていますから。

それでも本格的なカメラを求める人は写真というものにそれ以上の何かをもとめているのでしょう。少なくとも自分はそう。

そしてその要因が芸術性というところにあるんじゃ無いかと思います。

ただ、何をもって芸術とするかは人それぞれだと思うのでこれ以上は特に言及しません。

終わりに

私はマクロ撮影、特に昆虫や花の写真に惹かれます。機能美みたいなものが写真によってよりテーマとして強調される感じが好きです。

後は自然を切り取った画が好きです。カメラを始めたいと思ったきっかけは、屋久島の写真でした。

まあこんな感じで、人それぞれあると思いますので、

自分が目にしてきたもので、素晴らしい、美しいと感じるものが今までにあって

それを形に残したい、人と分かち合いたい

と思う人は、ぜひ本格的なカメラで写真を始めてみると良いのではないかと思います。

私も初心者なので偉そうなことは1mmも言えませんが、少しずつ楽しんでいけたらと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました